2008.09/15

時々、興奮。


トムは興奮状態が最高潮に達すると、その巨大な体を器用に使って、棒の麻縄部分に巻きついて見せてくれる。 この状態の時に手を出すと、猫パンチも繰り出してくれる。 その猫パンチ、なかなか痛いのである…。 おバカ花梨はこの状態のトムにちょっかいを出して返り討ちにあう事、しばしば。 お互い怪我をするほどの取っ組み合いはしないので、「気をつけてよぉ〜」と声を掛けるだけの余裕の傍観者な私。 トムが本気で怒ったら、花梨なんてひとたまりもないでしょう(;´_ゝ`) 飼い主に似ず心が太平洋のように広いトムの本気の怒りは滅多に見られません。 ただ、体が大きいトムは力も強いので


トム愛用の麻縄棒はボロボロになってます。 そろそろ上下逆にして、爪とぎしやすいようにしてあげなくては。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。