2012.03/11

あの日から1年…。







1年前、仕事が休みでダラダラした午後を過ごしてました。
あの大地震が起るまでは………。

北海道の沿岸部にも津波が襲いました。
東北地方と比べることなんてできないけど、北海道にも被害が及ぶほどの大惨事。








1年が過ぎたけど、復興には程遠い現実です。
まだまだ手を差し伸べることが必要なんだと、改めて思いました。








どこかで読んだのだけど、復興を妨げてるのは『私たち』なんじゃないかと。
瓦礫を自治体が引き受けると発表したら講義の電話を入れたのは誰?
被災地に向かうためのトラックなどのガソリンが足りなくなったり、
買占めが起こったのはどうして?

身につまされた感じがしました。
ちょっとずつ皆が我慢したら、積もり積もって大きくなるんじゃないのかなぁ…。
なんでもかんでも「自分のそばにきたら嫌だ」って言ってる場合じゃないと思う。

瓦礫などは自分に子どもがいないから、そう思ってしまうのかもしれないけど
何だか切なくなるんです。
みんなでどうにかしないといけないじゃないの。

困った時はお互い様、って言葉は、なくなってしまったの?




改めて色々考えてしまいました。






最後まで読んでくれて、ありがとうございます。
お帰りにちょちょいっと、ポチってくれると嬉しいです。


応援ありがとうございます。  応援ありがとうございます。
------ コメント ------
私も去年の3月11日は休みで、ニャンズとお昼寝中でした。
テレビを点けて、事の重大さに驚いた記憶があります。
被災地や避難された方々の様子をテレビで観ますが、
まだまだ問題は山積みなんですよね。
同じ日本なのに、協力しないというのは変だと思います。
自分達の事ばかり考えていては、何も解決できないのでは?と
私も改めて感じました。
Posted by カノンゆかいママ at 2012.03/12 08:43


【コメントをどうぞ】
Name ※必須

Mail ※必須 (公開されません)

Site address ※必須

Comment ※必須

認証コード ※必須


※画像の中の文字を半角で入力してください。


 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。