2009.02/04

活字中毒。

川次郎 著 黄色のハンカチーフ


1年に1冊出版され、登場人物も1つ歳を取るという続きものの推理小説。 初刊当時は主人公はまだ15歳の中学生。 『萌黄色のハンカチーフ』では、35歳になってます。 最初から読むとなるとすごい数にはなるけれど、流石は赤川次郎、テンポが良いので、スイスイと読み進んでいけること請け合い!! 部みゆき 著 んくら


実はこの続編の『日暮らし 上・中・下』を先月読破したんです。 そしたらこの『ぼんくら』が無性に読みたくなって、宮部みゆき好きな私が持ってないはずがない。 ってか、読んだ記憶が薄っすらある!!(#`ε´#) と、家捜ししたけれど見つからず…。 かといって新刊を買うのにも軽く抵抗があり、オークションで探し落札しちゃいました(笑) 久々のオークションだった( ´艸`) とうとう活字中毒再燃した模様。 基本好きな作家さんのものしか読まないので、新刊を買うというより、自宅にある特にお気に入りの本を読み返すことが多かったりします(笑) こういうとこも活字中毒者ってことでしょうかね? ともかく『ぼんくら』届くの楽しみだぁヾ(≧▽≦)ノ

2008.07/23

ハリー・ポッターと死の秘宝。


最終巻入手してまいりました。 ついに最後ですね〜。 とはいえ、ネットで軽くあらすじ知っちゃったんですが( ´艸`) 今は上巻の3分の1程度読み進めたところです。 まだまだ核心には辿り着いてません。 初っ端から結構ダークな感じで始まって、読み進めていくうちにもっともっとダークになっていくのは確実です。 しかし何となく手にして購入したハリーポッターだけど、この第7巻で最後となるとちょっと寂しい気もします。 まぁ、何度も読み直すんだけどね(笑) ではまた読み進めたいと思いますので、今日はここまで。 誰に言ってんでしょ???

2007.02/19

再燃するかも。

意外と読書家なんです。 去年の夏頃 活字中毒になって毎日毎日読んでた。 例えそれが同じ本でも その日の感じ方によって違う解釈ができるから繰り返し読んだりする。 好きな小説なら尚更。 基本好きな筆者のしか読まない性質なので すぐに読破しちゃうのさ。 宮部みゆきと村山由佳のは多分全部読んだと思う。 今沸々と活字中毒再燃の兆しなのだ。 今読み返したいのは 村山由佳の【星々の舟】【海を抱く Bad kids】 文庫が出てるから買うな。この調子でいくと(笑) あと宮部みゆきの時代小説も読みたい。 お給料入ったら買うかな(決定!?)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。